株式会社 なるみ物産
トップページ商品情報お買い物会社情報お客様相談室

なるみ物産
事業概要 会社沿革 所在地

会社の沿革 

  弊社は昭和30年9月、故金山昭治(平成19年6月亡)が なるみ屋商店 と

して、高級珍味おつまみ の製造加工及び卸小売業を創立。

得意先を業務用(バー・キャバレー・料理店・旅館)関係の卸小売を主とし

広島市内を主力にして徐々に 呉地区、岩国地区、福山地区に販路を拡大、

年々進展を画してまいりました。

企業拡張に伴い昭和40年9月、株式会社なるみ物産と会社組織を整え、

今まで特定の業界のみにしか販売出来なかった珍味おつまみを、生協、

スーパー、関係及び高級食品店を通じ 一般大衆の嗜好品にすべく努力

しながら今日に至りました。 幸いにして生協、スーパーマーケットの全盛時代

となり、その方面の販売実績が急角度に上昇し、 念願の企業として 立派に

成り立つようになりました。

今後の当社の課題としては、世に埋もれたる珍しい高級食品を一般大衆の

食料品として 開発販売することが職務と考え、努力致しております。

株式会社 なるみ物産